History

-History- ヒストリー

2022年1月10日

1996年

50万円握り締め、野村証券の店頭に行き『スーパーファミコン ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…』(SFC:1996年12月6日)の発売情報を得て、よくわからないまま(証券コード 9684)当時、合併前のエニックスを買う。

 

40万円が半年で20万になったので泣く泣く退場 ‐20万円

 

2005年7月

「郵政解散後の総選挙」「小泉構造改革(聖域なき構造改革)」等の小泉劇場の影響もあり日経平均は大幅上昇。7月の1万2000円台から1万6000円台にまで回復するなどもあり投資を100万円で再スタート

 

驚異的な上昇トレンドで何買っても爆益 主軸は(証券コード 8338)当時、関東つくば銀行(5カ月で約3倍弱)

 

2005年12月 ジェイコム事件

12月8日 ジェイコム事件 たまたま仕事が休みで、2ちゃんねるの株板で騒がれたジェイコム(証券コード2462 現ライク)約50万円で買って、ストップ高が連チャンし180万円で売却、その後220万円を超える場面も そして調子に乗って当時IPOだった(証券コード 7829)サマンサタバサに突撃し大納会で手仕舞いし資金は700万円に

ちなみにこの頃の口癖は「仕事辞めたい」

 

2006年1月 ライブドアショック

当時、株式分割や話題性で何かと人気だった。ライブドア(2006年4月14日上場廃止)による粉飾疑惑事件が起きた。上昇トレンドが終わったこともわからず、買っておけば上がるだろうとお花畑脳になっており、良い思いをしたサマンサタバサを再度仕入れ、日々資産が目減りするなか-400万円でギブアップ

 

300万円換金し、またしても退場する。

ちなみにこの時の口癖は「仕事辞めなくて良かった」

 

2009年

リーマンショックが落ち着いてきた頃合いと仕事にも余裕が出てきたので懲りずに100万円で再再スタート

この頃やっと坂田五法などのチャートを見ながらポジショントレードでコツコツ利確と損切りを繰り返し

2年で+200万円の確定益を得る。

 

2011年

2007年頃よりロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでから、やたらと独立心が芽生えていたが、2011年3月11日 東日本大震災が転機のきっかけとなり、その200万円を握り締め独立起業の為、一旦また退場する。

 

2013年

起業した会社が落ち着いたので再再再200万円スタート

今ほど時間がなくデイトレメインで+100万円

銘柄探しに疲れて300万円を元手に先物に手を出し、あっという間に200万溶かす。

そして4回目の退場となる。

 

2018年

会社に証券マンがお客様&営業で現れ、300万円で再再再再スタート

専属の証券マンがついたことによりアメリカ株のアドバイスを受け、GAFAM一点集中を繰り返すことと、IPO当選等で資金は増える。

年間約 +300万円

2019年 相場環境が良かったので追加入金 300万円

年間約 +500万円

2020年

出金調整し1200万円で2020年はスタート

コロナショックで先行きに不安を感じ、また勉強

ちょこちょこ入金投資法し年間900万入金

年間利益1100万越え

-History

PAGE TOP